漏水調査機器のご紹介

弊社では非破壊にて埋設されている配管の漏水調査及び管路調査を行っています。

漏水調査や管路探索の際、現場の状況に応じて様々な機器を使用しますが、

探索機器の一部をご紹介させて頂きます。

漏水調査機器

漏水を調査する際、配管材料・配管口径・配管距離・埋設場所が不明の際に
主に以下の調査機器を使用して漏水調査を行います。

ステットフォンSDR

 

  • 8種類のノイズフィルターを搭載!
  • 漏水音を自動的に増幅するデジタルアンプを搭載!
  • 本体重量が、わずか300gの堅牢なコンパクトボディ!
  • 音聴棒は連結式で延長可能!
  • 耳に優しい防護機能付きで大きな音を自動的に遮断!
  • 路面音聴用のグランドマイクを標準装備!

アクアフォンA200

 

  • 完全自動式のフィルターを搭載
  • 最適な周波数を特定し、音調周波数帯を解りやすい波形で表示!
  • タッチパネル式、大画面のカラー液晶ディスプレイを採用。
  • 音聴時の音圧レベルと音を保存。
  • 保存した音をその場で再生。漏水音の聴き比べができます。
  • マイク・ヘッドホン・本体はそれぞれ無線で接続されコードレスで検索できます!
  • 暗所では便利なLED付の音調棒を装備!

ハイドロトレーサーHT-55

 

  • 製造する探索用ガスはISO10156で定められた不燃性ガスで安心・安全!
  • 製造した探索用ガスを配管内に送り込み、漏水個所から出た水素ガスを検知して漏水箇所を見つける方法です。
  • 探索用ガスを大量に使用する現場でガスの不足やコストの心配も不要です!
  • スイッチ一つの簡単操作。100Vの家庭用電源で使用可能で長時間の作業にも対応!

バリオテック460

 

  • コンクリート・アスファルト・床材の全路面対応!
  • メーター以降の建物内の漏水検知に
  • 見やすい大型ディスプレイとアイコン表示の簡単操作
  • USB接続による計測データのPC管理が可能です。
  • 作業性に優れる各種探索プローブが標準装備!
  • 環境音に全く左右されない漏水探索!
  • 耐圧試験時の微小漏水箇所も的確に検出可能!
  • あらゆる管材のφ13~1000mmまで実績多数!

 

管路調査機器

埋設管路を調査する際、主に以下の調査機器を使用して管路調査を行います。

D305

  • 周囲の騒音に全く左右されず漏水箇所を検出できます。
  • 探索距離は最大500mで埋設深度の測定も可能!
  • 塩ビ・ポリ管10~700mm探索深度5mまで対応!
  • 水圧や漏水量を選ばない優れた順応性の漏水探索機!
  • 用水管や極小漏水もピンポイント検出!
  • 配管の分岐個所や鉄管の配管路探索も可能です。

MonTechSystem

 ※自社開発装置

  • 断水せずに簡易管路調査
  • 鉄管・塩ビなどの管種に関わらず使用可能

モデル501

 

  • 直接法、間接法、プランプ法の調査方法に対応
  • 鉄管の配管路探索にも