漏水調査 トレーサーガス式漏水探索 デジタル音聴式漏水探索 漏水のトラブル

店舗兼住居でのデジタル音調とガスの漏水調査

この度、【店舗兼住居でのデジタル音調とトレーサーガスでの漏水調査】の
ご依頼を頂きました。

依頼内容

水道のメーター検針時に漏水の指摘があり弊社へお問い合わせ頂きました。

当初状態をお伺いすると、お客さまは水道メーター付近にある

散水ボックス横の地面が変色していた為、屋外の漏水を想定されており

お客様の要望では地面を掘削して漏水箇所を確認後に

修繕を行いたいと弊社にお伝え頂いたのですが・・・

現地確認

現地にて状態を拝見すると、晴れでしたが

確かにコンクリート表面部分の地面は変色していました。

色々と事前確認をさせて頂くと、弊社の想定では屋外の漏水では無く

室内での漏水と思われた為、お客様の当初の要望とは異なりますが、

まずいきなり掘削などの作業ではなく漏水の場所を調査して

漏水箇所を特定してから修理を行う提案をさせて頂きご依頼頂きました。

ご説明させて頂くと驚いておられ、デジタル音調やトレーサーガスによる漏水の調査方法など

漏水探索機器を使用した漏水調査がまだまだ普及していないことを痛感しました。

補足

漏水調査の言葉の違い

同じ漏水調査でも内容が異なります。

水道の漏水調査を行う時、漏水探索機を使用するかしないかでは、水道屋さんが行う漏水調査専門の漏水探索機器を使う漏水調査では(漏水調査)で同じ言葉でも調査結果に雲泥の差が出ることがあります。

こちらもCHECK

漏水調査費用

目安調査費用 【 漏水調査基本料金 + 出張交通費<¥2,500円~> + 消費税 】= お支払い金額合計 ※排水管や雨漏れによる漏水調査は行っておりません。 漏水調査基本料金表  トレー ...

続きを見る

実際に調査を行って行きます。

デジタル音調とトレーサーガスを使い漏水調査を行います。

まずはデジタル音調で各水栓やバルブの音調を行い、ある程度の範囲を調べて行きます。

散水栓にトレーサーガス発生装置(製造メーカー特許機器)の設置して

水道の配管内にトレーサーガスの充填を行い

屋外と屋内を順番に探索していきます。

調査中

  

トレーサーガスの反応を確認しました。

トレーサーガス

弊社で使用しているトレーサーガスは
水素と窒素の人体に無害な不燃性混合ガスを使用しており
ヘリウムガスを使用しておりません。
【ヘリウムガスは輸入100%天然資源で希少かつコスト増や供給が不安定な為、
採用しておりません。】

屋外での調査では一切反応がで無く

トレーサーガスが反応した場所はやはり屋内でした。

トレーサーガスの反応を確認

こちらもCHECK

水道管埋設距離40M超えのトレーサーガス漏水調査

この度、『水道管埋設距離40M超えの漏水調査』のご依頼を頂きました。 目次1 依頼内容2 事前調査3 トレーサーガス式による漏水探索4 トレーサーガス探索機が反応!!5 漏水調査にて特定した場所を掘削 ...

続きを見る

今回は屋内の1箇所のみでの反応でしたが、

厨房機器の裏側にある

埋設配管で漏水していることが解りました。

調査対象にもよりますが、音調で確認出来ない微量の漏水でも

トレーサーガスでは発見することが出来るので一度の探索で複数箇所

発見出来る場合もあります。

メモ

水道局では道路から水道メーターまでの

公共では専門機器を使用した漏水調査専門の会社による

漏水調査が行われているのですが、漏水調査専門の会社では

あまり民間の調査が行われていないことや水道メーターを検針する方も

漏水調査方法の違いをご存じ無い方もいらっしゃるようです。

弊社以外にも専門機器をお持ちで民間の漏水調査を行っている

会社様は全国にいらっしゃいますので、お困りの際は一度調べてみてください。

民間の対応が可能な漏水調査会社に近づけると思います。

漏水箇所

 

調査結果をご報告させて頂き調査完了です。

お客さまは当初から屋外と思い込んでいたので

大変驚いておられ、引き続き漏水修繕のご依頼も頂きました。

漏水箇所修繕工事

漏水調査の結果を元に厨房機器を取り出して漏水箇所を掘削していきます。

厨房機器の裏

漏水箇所の配管を修理する際、

前のバルブ位置よりを操作しやすい場所に移動しました。

通水確認と水道メーターのパイロット静止を確認後

掘削箇所を復旧し作業完了です。

漏水箇所修繕

 

屋外から掘削作業にて漏水調査を行っていると、漏水箇所を特定する為に何度も特定まで

掘削調査作業を行うことになる事態を避けれて良かったです。

この度は、ご依頼頂きありがとうございました。

-漏水調査, トレーサーガス式漏水探索, デジタル音聴式漏水探索, 漏水のトラブル

© 2021 ナガクラ工業