漏水調査 トレーサーガス式漏水探索 ビル・マンション共用部分の給水排水トラブル デジタル音聴式漏水探索 漏水のトラブル 水道修理

水道管埋設距離40M超えのトレーサーガス漏水調査

この度、『水道管埋設距離40M超えの漏水調査』のご依頼を頂きました。

依頼内容

マンションの管理会社様からのご相談で、水道メーター(親メーター)が常時回っており水道料金もだんだん増えてきているとの事でした。

詳しく状態をお伺いすると、いつも利用している水道業者さんに相談されたのですが、漏水箇所は解らないので埋設されている水道管を全て引き替える提案をされたとのことでした。

ですが、全て引き替えるにはかなりの費用が掛かるため、なんとか漏水箇所の特定を行い、修繕にて費用を抑えたいとのことで弊社にご依頼頂きました。

こちらもCHECK

漏水調査費用

目安調査費用 【 漏水調査基本料金 + 出張交通費<¥2,500円~> + 消費税 】= お支払い金額合計 ※排水管や雨漏れによる漏水調査は行っておりません。 漏水調査基本料金表  トレー ...

続きを見る

事前調査

まずは事前調査の為、配管設備図等の図面を確認するのですが・・・

今回は図面等が確認出来なかったので、デジタル音調式漏水探索機を使用して地面に埋まっている水道管の管路を調べておよその調査範囲を絞り込んでいきます。

管路調査

デジタル音調式漏水調査 デジタル音調式漏水調査

トレーサーガス式による漏水探索

調査範囲の絞り込みが出来たので、配管内にトレーサーガスを充填する為、探索機器をセットしてトレーサーガスを送り込みます。

充満させたトレーサーガスを漏水探索機にて絞り込みを行いますが、広範囲でかつ各地面の仕上材が異なるので慎重に調査範囲内を探索して漏水箇所を探索して行きます。

トレーサーガス漏水調査

トレーサーガス式漏水調査 トレーサーガス式漏水調査

トレーサーガス式漏水調査 トレーサーガス式漏水調査

トレーサーガス探索機が反応!!

漏水箇所を特定する為、探索機で反応エリアを細かく探索して行くと、排水管の付近にて最も強く反応があり漏水箇所が判明しました。

漏水箇所特定【赤破線内箇所】

漏水箇所の説明と漏水調査報告書をお渡しして調査完了です。

高難度の調査でしたが、漏水箇所が無事に判明して

お施主様も管理会社様も喜んで頂き調査員もホッとしました。

こちらもCHECK

漏水調査のお問合せ

お名前 (必須) メールアドレス (必須) 電話番号 (必須) 件名 建物種別 戸建住宅集合住宅マンションアパート店舗ホテル・旅館飲食店事務所工場学校公園病院倉庫 漏水管種 給水管給湯管消火管不明 給 ...

続きを見る

漏水調査にて特定した場所を掘削

漏水箇所特定により、修繕工事も弊社にご依頼頂き有難う御座います。

早速、調査結果エリアの漏水修理を行う為、地面の掘削を行います。

漏水箇所掘削

やはり排水管の横で漏水箇所を目視で確認できました。

トレーサーガス式では微量の漏水でも探索できる為、音調のみでは対応出来ない漏水でも発見が可能です。

弊社が採用しているトレーサーガスはヘリウムガス【希少天然資源】では無く、水素と窒素【不燃性】のトレーサーガスを採用しており、ヘリウムガスは希少天然資源で100パーセント輸入の為、入手困難になったり価格の変動がありますが、水素と窒素のトレーサーガスは国内にて供給されており入手が容易で価格も安定している為、水素と窒素の混合トレーサーガスを使用しております。

こちらもCHECK

某商社様本社ビルでの漏水調査

この度、【某商社様本社ビルでの漏水調査】のご依頼を頂きました。 目次1 依頼内容2 現地の状態を確認3 漏水調査の実施4 トレーサーガスの反応を確認5 調査報告6 後日談 依頼内容 某商社のご担当者様 ...

続きを見る

漏水箇所

鉛管の接合部より漏水が発生しており、

鉛管部分を除去してHIVPにて配管替えを行います。

こちらもCHECK

消火管漏水調査

この度【消火管の漏水調査】のご依頼を頂きました。 目次1 依頼内容2 事前調査3 早速、漏水調査を行います。4 漏水箇所の範囲を絞り込み5 漏水箇所の特定 依頼内容 マンションの屋内消火栓にて露出配管 ...

続きを見る

1935

漏水修繕工事を行います

撤去した鉛管を確認すると・・・

撤去配管

鉛管自体の重さで漏水箇所から継ぎ折れして

接合部が抜けてしまうほどかなり状態が悪かったです。

そのまま使用続けて外圧や水圧に負けて接合部が抜けなんて事になると。。。

想像するだけでゾッとします。

HIVP配管替え

漏水箇所は一部分ですが、配管材料に現在は使用出来ない鉛管を使用していた為、鉛管部分を撤去することになりました。

鉛管を使用されていた箇所をHIVPなどを使用して修繕を行います。

通水確認を行い掘削箇所を復旧します。

埋戻し、モルタル復旧

従来の状態に復旧する為、仮枠を組んで復旧を行い全作業が終了しました。

当初の提案されていた引換え費用より、大幅に削減できて漏水調査をして良かったと言って頂けて良かったです。

この度は、ご依頼頂きありがとうございました。

-漏水調査, トレーサーガス式漏水探索, ビル・マンション共用部分の給水排水トラブル, デジタル音聴式漏水探索, 漏水のトラブル, 水道修理

© 2021 ナガクラ工業