デジタル音聴式漏水探索 トレーサーガス式漏水探索 ビル・マンション共用部分の給水排水トラブル 水道修理 漏水調査

水道管埋設距離40M越えの漏水調査

この度、『水道管埋設距離40M越えの漏水調査』のご依頼を頂きました。

マンションの管理会社様からのご相談で

水道メーター(親メーター)が常時回っており

水道料金もだんだん増えてきているとの事でした。

詳しく状態をお伺いすると、

いつも利用している業者さんに相談されたのですが、漏水箇所は解らないので

埋設されている水道管を全て引き替える提案をされたとのことでした。

ですが、全て引き替えるにはかなりの費用が掛かるため、

なんとか漏水箇所の特定を行い、

修繕にて費用を抑えたいとのことで弊社にご依頼頂きました。

まずは事前調査の為、配管設備図等の図面を確認しますが

今回は図面等が確認出来なかったので、

デジタル音調式漏水探索機を使用して地面に埋まっている水道管の管路を調べて

およその調査範囲を絞り込んでいきます。

管路調査

調査範囲の絞り込みが出来たので、配管内にトレーサーガスを注入し

トレーサーガス式漏水探索機にて絞り込みエリアを重点的に探索していきます。

トレーサーガス漏水調査

縦管付近にて強く反応があり漏水箇所が判明しました。

漏水箇所特定【赤破線内箇所】

漏水箇所の説明と漏水調査報告書をお渡しして調査完了です。

高難度の調査でしたが、漏水箇所が無事に判明して

お施主様も管理会社様も喜んで頂き調査員もホッとしました。

 

漏水箇所特定により、修繕工事も弊社にご依頼頂き有難う御座います。

早速、調査結果エリアの漏水修理を行う為、地面の掘削を行います。

漏水箇所掘削

やはり縦管の横で漏水箇所を目視で確認できました。

漏水箇所

鉛管の接合部より漏水が発生しており、

鉛管部分を除去してHIVPにて配管替えを行います。

撤去した鉛管を確認すると・・・

撤去配管

鉛管自体の重さで漏水箇所から継ぎ折れして

接合部が抜けてしまうほどかなり状態が悪かったです。

そのまま使用続けて外圧や水圧に負けて接合部が抜けなんて事になると。。。

想像するだけでゾッとします。

HIVP配管替え

通水確認を行い掘削箇所を復旧します。

埋戻し、モルタル復旧

モルタル復旧を行い全作業が終了しました。

この度は、ご依頼頂きありがとうございました。

 

お問合せはこちらから

-デジタル音聴式漏水探索, トレーサーガス式漏水探索, ビル・マンション共用部分の給水排水トラブル, 水道修理, 漏水調査

© 2020 ナガクラ工業